ヤクルト青木「どっちだろ」スーパーキャッチならず

8月12日(日)20時8分 日刊スポーツ

中日対ヤクルト 8回裏中日無死二塁、アルモンテの打球を青木が惜しくも捕球ならず(撮影・前岡正明)

写真を拡大


<中日1−3ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

 懸命に手を伸ばしたが、少しだけ及ばなかった。ヤクルト青木宣親外野手は8回無死二塁での守備で、中堅後方の飛球に一直線に走ってフェンス手前の落下点に入った。フェンスギリギリで高く跳び上がって捕球。二塁走者ビシエドは三塁に進塁していたため二塁に送球し、併殺を完成させにいった。
 だが、判定はフェンスにボールが当たっていたとして安打になり、無死一、三塁。小川監督がリクエストしたものの判定は覆らず、直後に先制犠飛を許した。青木は「本当に分からなかった。音がしたから、肘があたったからなのか、ボールの音なのか、どっちだろうって。それぐらいギリギリのプレーだった。『一気に(流れを)いかれないように』って気持ちだった」と振り返った。
 紙一重で、スーパープレーにはならなかった。それでもチームが9回に逆転勝ちしたことで「ここ(ナゴヤドーム)でずっと負けていて昨日で連敗が切れて、今日勝ったからすごくよかった」と笑顔を見せた。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ