前半終了 松田鈴英3打差2位急浮上、黄アルム首位

8月12日(日)11時31分 日刊スポーツ

松田鈴英(2018年8月11日撮影)

写真を拡大


<女子ゴルフ:NEC軽井沢72>◇12日◇最終日◇長野・軽井沢72北(6655ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

 最終組がハーフを終え、2位と6打差14アンダーでスタートの黄アルム(30=韓国)が、安定したゴルフで2つスコアを伸ばし、通算16アンダーで首位をキープしている。
 松田鈴英(20=ニトリ)が、7バーディーとスコアを7つ伸ばし、通算13アンダーで、首位と3打差の2位に浮上。2位スタートの申ジエ(30=韓国)は4バーディーの12アンダーで3位。テレサ・ルー(30=台湾)が10アンダーで4位。小祝さくら(20=ニトリ)が4バーディー、1ボギーで9アンダーとして5位に浮上した。
 2日連続6番パー4でイーグルという史上初の快挙を達成した木戸愛(28=ゼンリン)は、6番でボギー。5アンダーとスコアを1つ落とした。昨年の覇者で、全英リコー女子オープンで4位に入った比嘉真美子(24=TOYO TIRES)は、5バーディー、2ボギーで8アンダーまでスコアを伸ばし、8位に浮上した。

日刊スポーツ

「スコア」をもっと詳しく

「スコア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ