慶応・宮尾、甲子園は「自分を成長させてくれた」

8月12日(日)20時22分 日刊スポーツ

高知商に負け応援団にあいさつに向かう慶応の選手(撮影・奥田泰也)

写真を拡大


<全国高校野球選手権:高知商12−6慶応>◇12日◇2回戦

 慶応(北神奈川)のリードオフマンの宮尾将遊撃手(3年)が、2安打1打点と気を吐いた。
 1点を追う1回、「狙っていた」初球を左前にはじき返し、4番広瀬隆太一塁手(2年)の左前適時打で同点の生還。チームも一時逆転に成功した。2回には右前打、9回には犠飛を放ち、敗戦の中でも存在感を示した。
 「春に負けた時に戻ってきたいと思って、また戻ってこられた。(甲子園は)自分を成長させてくれた場所。(大学でも野球を続ける予定で)前を向いて、やっていきたいです」と話した。

日刊スポーツ

「甲子園」をもっと詳しく

「甲子園」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ