ヤクルト石川「理想通りの投球」7回完全の快投

8月12日(日)18時52分 日刊スポーツ

中日対ヤクルト ヤクルト先発の石川(撮影・前岡正明)

写真を拡大


<中日1−3ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

 ヤクルト石川雅規投手が7回まで完全試合の快投を演じた。抜群のコントロールで両サイド、高低に直球と変化球を投げ分け、7回まで出塁を許さなかった。
 8回無死、ビシエドに1ボールから投じた78球目を中堅左への二塁打に仕留められ、大記録達成はならなかった。
 続くアルモンテに安打を許すと、7回打者23人、81球、2安打6三振で交代を告げられた。2番手近藤が平田に左犠飛を浴び、石川は失点1となった。
 9回にバレンティンの28号2ランなどで3点を奪って逆転。チームは2連勝を決めた。石川は「(捕手)井野のおかげ。理想通りの投球でした。自分のことをそんなに信じていないので、いつかは安打を打たれると思っていました。何とかチームが勝ったので良かったです」と振り返った。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ