エンゼルス捕手アルシア登板、大谷以外で25年ぶり

8月12日(日)13時32分 日刊スポーツ

エンゼルス・アルシア(2018年7月26撮影)

写真を拡大


<エンゼルス0−7アスレチックス>◇11日(日本時間12日)◇エンゼルスタジアム

 エンゼルスのフランシスコ・アルシア捕手(28)にまたもサプライズが起きた。7点を追う9回、5番手でリリーフとして登板。
 指名打者(DH)と投手で二刀流の大谷翔平投手を除けば、エンゼルスでは1993年の6月17日以来、25年ぶりに野手がリリーフとして登板した。ソーシア監督が就任した2000年以降では初めて。
 アルシアはメジャーデビューした7月26日に4打数2安打、1本塁打4打点。2試合目では3安打6打点。デビュー2試合で計10打点のメジャー新記録を打ち立てた。

日刊スポーツ

「エンゼルス」をもっと詳しく

「エンゼルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ