オリックス中島V打4連勝4位浮上、ロッテ5位転落

8月12日(日)16時33分 日刊スポーツ

2回裏オリックス1死一塁、白崎は2点本塁打を放ちナインの出迎えに笑顔を見せる(撮影・渦原淳)

写真を拡大


<オリックス3−2ロッテ>◇12日◇京セラドーム大阪

 オリックス東明、ロッテ種市ともに今季初登板。オリックスは2回、白崎の移籍1号となる2ランで先制。東明は3回無失点。
 オリックス東明が6回を5安打無失点と力投。プロ初登板のロッテ種市も6回5安打2失点と試合を作った。
 ロッテは2点を追う9回、藤岡、中村の連続安打などで2死満塁とし、新人安田が右前に同点の2点適時打。延長に突入した。
 オリックスは延長10回、2死一、二塁から中島がサヨナラ適時打を放った。4連勝で4位に浮上。敗れたロッテは5位に転落した。オリックスのローチが初勝利、ロッテ岩下は2敗目。

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ