大谷4打数1安打に「ちょっと打ち損じ」修正して

8月12日(日)14時46分 日刊スポーツ

エンゼルス対アスレチックス 4回裏エンゼルス無死、三飛に倒れるエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

写真を拡大


<エンゼルス0−7アスレチックス>◇11日(日本時間12日)◇エンゼルスタジアム

 エンゼルス大谷翔平投手(24)は3番指名打者でフル出場し、4打数1安打だった。3試合ぶりのスタメンで第3打席まで空振り三振、三飛、一ゴロ。9回の第4打席で中前打で出塁した。
 休養日も含めると4日ぶりの出場だった。試合感覚を維持する難しさについて「もちろん(打席に)立っている感覚と多少違う部分はあると思いますけど、そこも工夫して1打席目からしっかり、良い結果を出せるように、準備したいなと思っていた。最初の打席、(1回1死二塁の)チャンスで打てなかったので、あまり良い入りとは言えない」と唇をかんだ。
 中前打の第4打席については「良いところに飛んでくれた」とし「2打席目も3打席目も、ちょっと打ち損じているところがあるので、明日もしっかり修正して打席に入りたい」と振り返った。

日刊スポーツ

「エンゼルス」をもっと詳しく

「エンゼルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ