ヤクルトがカード勝ち越し、中日鈴木博志は5敗目

8月12日(日)17時26分 日刊スポーツ

中日対ヤクルト 9回表ヤクルト無死一塁、バレンティンは逆転の左越え2点本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

写真を拡大


<中日1−3ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

 中日は藤嶋、ヤクルトは石川が先発。藤嶋は3回2安打無失点。石川も3回パーフェクトと中日打線を抑えた。
 ヤクルトは5回無死一、三塁の好機に後続が凡退。石川は6回までパーフェクトを続けた。中日藤嶋も6回まで無失点投球。
 中日は8回にチーム初安打を放ち、犠飛で1点を先制。ヤクルトは9回、バレンティンの逆転2ランなど3点。カードを勝ち越した。ヤクルト近藤が3勝目、中日鈴木博志は5敗目。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ