富安痛恨ミスを反省 遠藤初先発も「結果出ず残念」

8月12日(日)13時28分 日刊スポーツ


<ベルギーリーグ:シントトロイデン1−1ロケレン>◇11日◇シントトロイデン

 シントトロイデンはホームでロケレンと1−1で引き分けた。
 DF冨安健洋は3試合連続フル出場。右CBでプレーし、後半途中からは左に回った。後半33分に裏を取られた守備ミスから先制ゴールを許し、「あの一発だけ。DFはやっぱり89分良くても一発で終り」と、試合後は反省しきりだった。ただ、ブライス監督は「19歳のCBが3試合違ったシステムの中で本当に素晴らしいプレーを見せている」と賛辞を送った。
 DF遠藤航は初先発を果たしフル出場。アンカーを務め、守備面での貢献度は高く、空中戦でも地上戦でもフィジカル負けすることはなかったが、ボールを持った時のプレーは不安定。1−1の引き分けに終わり「結果が出なかったので、ちょっと残念」と悔しがった。チームはこれで3連続ドロー。「試合に出ていることはポジティブですが、チームとして結果が出てないところに向き合わないといけない。自分はチームに入ってくるのが遅かったですが、年齢的にはやっぱり上のほうですので、チームを引っ張っていくというわけじゃないがプレーでしっかり貢献し続けていかないといけないかなと思う。だから、次は勝ちたいですね」と気合を入れた。

日刊スポーツ

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ