井口監督、自力V消滅「自分たちの野球をやるだけ」

8月12日(月)22時39分 日刊スポーツ

ロッテ対西武 西武に3連敗し厳しい表情でグラウンドを後にするロッテ井口監督(撮影・滝沢徹郎)

写真を拡大


<ロッテ2−9西武>◇12日◇ZOZOマリン

ロッテは西武相手に3連敗で自力優勝の可能性が消滅した。
井口監督は「そういうのはどうでもいい。自分たちの野球をやるだけなので」と言葉を絞り出した。
先発ボルシンガーは5四球を与えるなど、制球に苦しみながらも5回まで3失点(自責1)。粘りの投球を見せたが、守りが足を引っ張った。1点リードの4回無死一塁、山川の遊ゴロを捕球し併殺を狙った平沢の二塁送球が悪送球。無死二、三塁とピンチを広げ、直後に内野ゴロで同点とされた。
さらに5回1死満塁では、レアードが山川の三ゴロに手が着かず落球。勝ち越しを許した。その後登板した中継ぎ陣もそれぞれ失点し点差を広げられた。井口監督は「(序盤は)2回ともミスで失点してしまったのでもう少し守り勝たないといけない」と悔やんだ。

日刊スポーツ

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ