ぬきてるみ フアレスに0—3判定負け 3度目世界挑戦も初奪取ならず

8月12日(日)18時11分 スポーツ報知

ぬきてるみ(右)は3度目の世界挑戦も判定負けで初奪取ならず。左は勝利インタビューを受ける王者フアレス

写真を拡大


  WBC女子世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチが11日(日本時間12日)、メキシコシティーで行われた。現地の井岡弘樹ジム関係者によると、挑戦者で東洋太平洋女子スーパーフライ級王者・ぬきてるみ(貫輝美、29)=井岡弘樹=は、王者のマリアナ・フアレス(38)=メキシコ=に0—3の判定負け。ジャッジ3者は98—92が2者、残る1者が97—92で、いずれもフアレスを支持した。

 昨年7月にも敵地でフアレスに判定負けしたぬきは、今回が3度目の世界挑戦だったが、世界初奪取はならなかった。通算成績はフアレスが50勝(18KO)9敗4分け、ぬきが10勝(7KO)4敗。

スポーツ報知

「メキシコ」をもっと詳しく

「メキシコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ