【巨人】重信が足でチャンスメーク マギーの犠飛で先制

8月12日(日)19時36分 スポーツ報知

1回無死、右中間二塁打を放つ重信(投手・福井、捕手・磯村)(カメラ・池内 雅彦

写真を拡大


◆広島—巨人(12日・マツダスタジアム)

 巨人が初回に先制した。

 広島先発・福井から先頭の重信が右中間二塁打で出塁すると、暴投で三塁へ進む。山本は浅い中飛に倒れたが、マギーが0ボール2ストライクからの3球目をセンターへはじき返す。中堅手・丸が配送しながらキャッチ、中犠飛となり、重信が生還した。

 巨人先発の今村は2死から丸に四球を与えると、鈴木に左前安打を許す。左翼手・亀井がファンブルし、二、三塁のピンチとなったが野間を一ゴロに抑えた。

 マギーは「先制点を取ることができて良かった」とコメントするも、「センターを越えるかなあと思ったんだけど、丸さんにうまく捕られたね」と丸選手の守備を褒めていた。

スポーツ報知

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ