ジェイ・ホワイト、内藤下し優勝決定戦進出!試合後には飯伏に暴行…G1全成績

8月12日(月)0時1分 スポーツ報知

ジェイ・ホワイト

写真を拡大


 ◆新日本プロレス「G1クライマックス29」大会(11日、東京・日本武道館、観衆9821人)

 Bブロック最終戦で優勝決定戦進出をかけ、勝ち点10同士のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(37)とジェイ・ホワイト(26)が初対戦。ジェイがクロスアーム式ブラディサンデーからの必殺のブレードランナーで内藤を撃破。勝ち点12で首位通過を決め、12日のメインイベントで行われるAブロック首位の飯伏幸太(37)との優勝決定戦に駒を進めた。

 試合後、マイクを持って「言っただろう。このG1は俺のものだと!」と絶叫したジェイは「イブシ、カモン!」とリング上に飯伏を呼び寄せると、「明日は(外道らの介入はなく)1対1で戦おう」と呼びかけ、いったんは握手。しかし、その直後に飯伏の痛めている左足首にイス攻撃を加え、KO。バックステージでも、「明日はイブシを破壊してやる。俺が勝つ! それが運命だ」とV宣言した。

 なお、勝ち点10で並んでいた前WWEのジョン・モクスリー(33)はこの日、ジュース・ロビンソン(30)に、後藤洋央紀(40)は鷹木信悟(36)にそれぞれ敗れ、首位通過を逃した。

 ▽タッグマッチ20分1本勝負
 〇成田蓮、海野翔太(7分34秒 逆エビ固め)辻陽太、上村優也●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負
 〇高橋裕二郎、チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ(7分54秒 ピンプジュース→片エビ固め)SANADA、EVIL、BUSHI●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負
 〇トーア・ヘナーレ、飯伏幸太、本間朋晃(8分22秒 TOAボトム→片エビ固め)KENTA、クラーク・コナーズ、カール・フレドリックス●

 ▽8人タッグマッチ20分1本勝負
 〇棚橋弘至、YOSHI—HASHI、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ(10分35秒 エビ固め)鈴木みのる、ランス・アーチャー、金丸義信、ザック・セイバーJr.●

 ▽「G1クライマックス29」Bブロック公式戦30分1本勝負
 〇ジェフ・コブ 4勝5敗=勝ち点8(5分18秒 ツアー・オブ・ジ・アンランド→片エビ固め)矢野通● 4勝5敗=勝ち点8

 ▽同
 〇タイチ 4勝5敗=勝ち点8(11分56秒 ブラックメフィスト→片エビ固め)石井智宏● 4勝5敗=勝ち点8

 ▽同
 〇ジュース・ロビンソン 4勝5敗=勝ち点8(16分26秒 パルプフリクション→片エビ固め)ジョン・モクスリー● 5勝4敗=勝ち点10

 ▽同
 〇鷹木信悟 4勝5敗=勝ち点8(15分10秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)後藤洋央紀● 5勝4敗=勝ち点10

 ▽同
 〇ジェイ・ホワイト 6勝3敗=勝ち点12(18分51秒 ブレードランナー→片エビ固め)内藤哲也● 5勝4敗=勝ち点10

スポーツ報知

「ジェイ」をもっと詳しく

「ジェイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ