楽天、延長12回サヨナラ勝ち!茂木劇的サヨナラ弾

8月12日(日)21時48分 スポーツニッポン

延長12回1死一塁、茂木が右中間にサヨナラ2ランホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 楽天3—1西武(2018年8月12日 楽天生命)

 楽天が、茂木のサヨナラ本塁打で延長戦を制した。1—1の延長12回1死一塁から茂木の7号2ランで勝負を決めた。

 楽天は初回、2死二塁で今江が左前適時打を放ち先制。その後は得点を奪えなかったが、延長12回、代打・渡辺直が四球を選び、1死一塁から茂木のサヨナラ7号2ランで延長戦を制した。

 先発辛島は6回を投げ4安打1失点で降板。辛島の後を松井裕、青山、ハーマン、高梨、久保、宋家豪とつないで西武打線を無失点で抑えた。12回を抑えた宋家豪が4勝目を挙げた。

 西武は8回に1死満塁の好機をつくるも生かせず。7回1失点と力投した先発榎田を援護できず。12回に斉藤大が打たれてプロ初黒星を喫した。

スポーツニッポン

「サヨナラ」をもっと詳しく

「サヨナラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ