バルサ加入見込みのパウリーニョ、火曜日にも正式発表か。監督は否定するが…

8月13日(日)18時29分 フットボールチャンネル

 中国の広州恒大に所属するブラジル代表MFパウリーニョは、バルセロナへの移籍が15日には発表されることになるかもしれない。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が13日付で見通しを伝えた。

 この夏の移籍市場でパウリーニョの獲得を狙っていたバルサだが、移籍金2000万ユーロ(約26億円)のオファーは広州に拒否され、2500万ユーロ(約32億円)に引き上げられたオファーに対しても広州は首を縦に振らず。契約解除金として設定された4000万ユーロ(約52億円)からの引き下げに応じない姿勢を見せ、移籍は一旦消滅したかに思われた。

 だが、ここに来て再びバルサへの移籍の可能性が急浮上。バルサは4000万ユーロ満額を支払ってパウリーニョを獲得することを決めたとみられている。パウリーニョ自身もバルサ移籍を強く望んでおり、現在の年俸最大900万ユーロ(約11億6000万円)がバルサでは約半分にまで減少することも受け入れたという。

 パウリーニョは13日に行われる広州恒大の試合に出場せず、ロンドンへ向かうことになると予想されている。ロンドンで1泊したあと14日にはバルセロナ入りし、メディカルチェックと4年契約の契約のサインを済ませ、15日には正式発表が行われるとの見方だ。

 バルサのエルネスト・バルベルデ監督は、パウリーニョ加入間近という報道を受け、12日の会見で「今のところ何もない。私は何も聞いていない」と合意を否定。13日にはスペイン・スーパーカップのレアル・マドリー戦が行われるが、「少なくとも明日パウリーニョがプレーすることはないだろう」とコメントしている。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

監督をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ