【MLB】大谷翔平、一発同点の絶好機で空振り三振 158キロ外角速球にバット空斬る

8月13日(月)7時47分 フルカウント

第3打席まではケーヒルの前に無安打

 エンゼルス大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で2戦連続スタメン出場し、第4打席にこの日3度目となる空振り三振を喫した。

 5-8と3点を追う6回。2死一、二塁と一発同点の好機で第4打席に立つと、アスレチックス4番手トリビーノと対戦。1ストライクから2球目が暴投となり走者が二、三塁に進み、絶好の得点チャンスを迎える。大谷は追い込まれた後、1球ファウルで凌いだが、1ボール2ストライクから5球目97.9マイル(約158キロ)外角高めのストレートにバットが止まらず、空振り三振となった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ