巨人、5連勝で2位DeNAと3差! 燕19歳村上が最年少サヨナラ弾…12日セ・リーグは?

8月13日(火)7時20分 フルカウント

中日ドラ2梅津がプロ初登板初勝利 G大竹通算100勝、広島3連敗

 巨人はマツダスタジアムで行われた広島戦で8-7で逃げ切り勝ちし、1分けを挟んで5連勝。敗れた2位のDeNAと3ゲーム差に広げた。初回、ゲレーロの押し出し死球、若林の2点打、小林の適時打で一挙4点を先制。3回にはゲレーロの15号2ランで追加点。ゲレーロは4戦5発12打点の大暴れだ。1点差の6回には坂本勇の犠飛で加点。8回には坂本勇の適時打でダメ押した。5番手の大竹は3勝目を挙げて通算100勝。広島は3連敗で巨人と4.5差となった。先発のアドゥワが4回4安打4四死球6失点と誤算。菊池涼が4安打3打点、鈴木が2安打2打点と結果を出したが、反撃は及ばなかった。

 中日はナゴヤドームで行われた阪神戦で5-1で快勝。1点を追う初回、ビシエド、福田の適時打で逆転。4回には堂上のプロ初2桁となる10号2ランで加点した。ドラフト2位の梅津は6回4安打1失点に抑え、プロ初登板初先発初勝利を飾った。阪神は連勝が2で止まった。初回に福留の適時二塁打で先制したものの、打線がつながらなかった。ガルシアは7回7安打4失点で6敗目。

 ヤクルトは神宮球場で行われたDeNA戦で5-4でサヨナラ勝ち。連敗を4で止めた。2点を追う9回、先頭・バレンティンのバックスクリーン右に飛び込む24号ソロで1点差に迫ると、同無死一塁から村上の25号2ランでサヨナラ勝ちした。村上の19歳6か月でのサヨナラ弾はNPB最年少記録。また、78打点は清原が西武時代の86年に記録した10代最多記録に到達した。DeNAは2連敗。2-2で迎えた9回に野選の間に勝ち越し。筒香の4戦13打点となる適時打でリードを広げたが、9回に救援した守護神・山崎が誤算だった。

→1 巨人 105試合58勝45敗2分 -
→2 DeNA 108試合56勝49敗3分 3.0
→3 広島 109試合55勝51敗3分 1.5
→4 阪神 108試合49勝54敗5分 4.5
→5 中日 106試合48勝57敗1分 2.0
→6 ヤクルト 108試合42勝64敗2分 6.5(Full-Count編集部)

フルカウント

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ