BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

明豊6年ぶり勝利 2年生・浜田が逆転V弾&4打点

日刊スポーツ8月13日(日)17時37分
画像:5回裏明豊無死一塁、浜田は右中間に適時二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・梅根麻紀)
写真を拡大
5回裏明豊無死一塁、浜田は右中間に適時二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・梅根麻紀)

<全国高校野球選手権:明豊7−6坂井>◇13日◇2回戦
 2年ぶり6度目出場の明豊(大分)が初出場の坂井(福井)を破り、チームとしても、県勢としても6年ぶりとなる勝利で3回戦に駒を進めた。
 先制したのは明豊。3回に浜田太貴外野手(2年)がフェンス直撃の適時二塁打を放った。
 1点を追う坂井は5回、2死二塁で帰山のゴロを相手二塁手がグラブで弾きエラー。打球が外野を転がる間に同点のランナーが生還した。
 直後の5回裏、明豊・浜田が2打席連続の適時二塁打を放って勝ち越し。その後も1死から佐藤、本多が適時打を放ち、さらに2点を加えリードを広げた。
 6回に坂井が再び追いつく。1死二塁からの3連打で3点を奪い同点とした。
 8回、坂井が2死二、三塁と攻めると、山内の打球を明豊の三塁、本多が一塁へ悪送球。2人が生還し坂井がこの試合初めてリードした。
 その裏、明豊も三村の左越え適時二塁打で1点を返す。なお2死二塁から、浜田が左越えに逆転の2ラン。浜田のこの日4打点目で試合を決めた。

はてなブックマークに保存

日刊スポーツ

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「明豊」をもっと詳しく

注目ニュース
1大会5本塁打の記録持つ清原 甲子園決勝で桑田に言ったひと言 スポーツニッポン8月21日(月)20時48分
夏の甲子園大会はベスト4が出そろい22日は準決勝が行われる。早実・清宮幸太郎が予選で敗れ目玉選手がいないなんて言われていたが、救世主的に出…[ 記事全文 ]
西武 ファンとの「ハイタッチ」に異例のお願い「手を握らないでください」 スポーツニッポン8月21日(月)17時18分
西武が21日、球団公式サイトを更新。メットライフドーム開催時の勝利時に選手たちがともに勝利を分かち合うファンサービスとして実施している「ハ…[ 記事全文 ]
遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で活躍する爽やかな高校球児たち。彼らの姿とは対照的に、この一大イベントは大金の動くビッグビジネスでもあ…[ 記事全文 ]
ダルビッシュ、“2段モーション騒動”に言及「本当にどうでもいいことには力入れる」 フルカウント8月21日(月)8時25分
菊池が反則投球と判定されたことについてツイッターでつぶやくドジャースのダルビッシュ有投手が、西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦で反則投球を…[ 記事全文 ]
甲子園大会から「タオル回し」がなくなればいいのに スポーツ報知8月21日(月)16時1分
「今年もか」と残念に思った。なくなって欲しいと心から願った。夏の甲子園大会。両校の攻防がピークを迎えた時に観客が行う「タオル回し」である。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア