ウッズ猛追2位、ケプカV、松山イーグル奪取35位

8月13日(月)8時28分 日刊スポーツ

タイガー・ウッズは全米プロ2位で復活を印象づけた(AP)

写真を拡大


<米男子ゴルフ:全米プロ選手権>◇最終日◇12日(日本時間13日)◇ミズーリ州ベルリーブCC(7316ヤード、パー70)◇賞金総額1100万ドル(約12億1000万円)優勝198万ドル(約2億1800万円)

 松山英樹は1イーグル、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの66で回り、通算4アンダーの276で35位だった。
 全米オープン2連覇のブルックス・ケプカ(米国)が4つ伸ばし、通算16アンダーでメジャー通算3勝目。全米オープンと全米プロを同一年に制したのは1922年ジーン・サラゼン(米国)、1948年ベン・ホーガン(米国)、1980年ジャック・ニクラウス(米国)、2000年タイガー・ウッズ(米国)に続く史上5人目の快挙だった。
 サンデーバックナインで一時は首位と1打差まで迫ったタイガー・ウッズは6つ伸ばし、通算14アンダーの2位。6位だった7月の全英オープンに続いてメジャーの優勝争いに加わり、完全復活間近をあらためて印象づけたが、08年全米オープン以来となるメジャー通算15勝目は来季以降に持ち越しとなった。
 アダム・スコット(オーストラリア)が通算13アンダーの3位。スチュワート・シンク(米国)、ジョン・ラーム(スペイン)が通算11アンダーの4位。昨年大会優勝のジャスティン・トーマス(米国)、全英オープン覇者フランチェスコ・モリナリ(イタリア)、トマス・ピエテルス(ベルギー)、ゲーリー・ウッドランド(米国)が通算10アンダーの6位だった。
 3打差3位から初のメジャー制覇を狙ったリッキー・ファウラー(米国)、生涯グランドスラム達成がかかっていたジョーダン・スピース(米国)は通算8アンダーの12位。世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)は通算6アンダーの27位。大会2勝のロリー・マキロイ(英国)は通算2アンダーの50位だった。
 小平智は2つ落として通算イーブンパーの59位、池田勇太は3つ落として通算1オーバーの65位だった。

日刊スポーツ

「ケプカ」をもっと詳しく

「ケプカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ