ヤクルト近藤が逆転への道筋「最低限の仕事できた」

8月13日(月)10時29分 日刊スポーツ

中日対ヤクルト ヤクルト2番手の近藤(撮影・前岡正明)

写真を拡大


<中日1−3ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

 ヤクルト近藤一樹投手の踏ん張りが、9回の逆転劇への道筋をつくった。完全試合が途切れた石川の後を受け、0−0の8回無死一、三塁で登板。平田に左犠飛を許したが後続を断ち、1失点でしのいだ。直後の9回に打線が3得点し、近藤が今季3勝目を挙げた。
 窮地を最少失点で切り抜けた近藤は「1失点なら何とかなるかなと思っていた。最低限の仕事はできた」と謙虚だったが、石川からは「厳しい場面で、近藤が最少失点で抑えてくれた」と感謝された。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ