智弁和歌山、右翼へ逆浜風乗せ3発「日本一」へ快勝

8月13日(火)21時33分 日刊スポーツ

智弁和歌山対明徳義塾 7回表智弁和歌山1死一、二塁、勝ち越しの右越え3点本塁打を放つ細川(撮影・前田充)

写真を拡大


<全国高校野球選手権:智弁和歌山7−1明徳義塾>◇13日◇2回戦

智弁和歌山が猛打で明徳義塾(高知)を圧倒した。同点とした7回に、細川凌平外野手(2年)が勝ち越し3ラン。台風の影響で、いつもと逆の右方向に吹いた浜風に乗せ、根来塁外野手(3年)と東妻純平捕手(3年)もアーチで続いた。1イニング3本塁打は08年に同校がマークした大会最多タイで同じ8月13日の縁。勢いに乗って、3回戦は大会NO・1投手、奥川恭伸(3年)擁する星稜(石川)との大一番に臨む。
   ◇   ◇   ◇
振り切った瞬間、細川は「いけ〜っ!」と叫んだ。打球を目で追いながら全力疾走。大きく舞い上がった打球は追い風に乗って右翼席に突き刺さった。同点とした直後の7回1死一、二塁。勝ち越し3ランに右手を大きく突き上げた。「球場が味方してくれた。神様が見てくれていた」と会心の笑みを浮かべた。
直前の1死一、三塁。この回から始まった「魔曲」のチャンステーマ「ジョックロック」に乗ってか、主将黒川の当たりが遊撃前で大きくはねた。幸運な同点内野安打。“奇跡”の始まりだった。細川の3ランに続き、5番根来が2ラン。再び右翼へ運んだ。さらに東妻が右中間へソロ。08年の同じ8月13日に同校がマークした大会最多に並ぶ1イニング3本塁打。この回一挙7点で大勢を決めた。
細川は先輩の姿に気持ちを高ぶらせて打席に立った。1死走者なしから、この回最初に出塁したのは投手の池田。全力疾走の二塁打に心打たれた。「シビれた。先輩の姿に魅了された。僕もやらないといけないと思った。(一走)黒川さんを絶対返してやろうと」。
昨秋の近畿大会は同じ2年の明石商の右腕、中森俊介の前に無得点でコールド負け。快速球に思い切り詰まらされた。ボーイズ日本代表で世界一を経験し、1年夏から甲子園を経験したエリートがプライドを捨てた。一流にも力負けしないスイングを身につけると決意。その姿を見守ってきた黒川は「練習で苦しんだからこそ、結果に結びついた」と後輩をたたえた。
19年ぶり日本一へ、文字通りの追い風だった。甲子園名物の浜風は通常、右翼から左翼方向に吹き、左打者には不利。しかし、この日は台風接近の影響か、正反対。右翼方向に強く吹いていた。3本塁打はいずれも中堅から右方向だったが、中谷仁監督(40)は「ほとんどが風の影響だと思いますが、気持ちが運んでくれたと思います。池田が打って、池田の何百倍も打撃練習している野手たちが意地を見せた」とたたえた。
明徳義塾に甲子園3度目の対戦で初勝利。次戦は大会NO・1投手の奥川擁する星稜とぶつかる。細川は「これからが勝負。12人の3年生との夏は一番長い夏にしたい。日本一しかない」と誓った。目指す王者へ奥川を打つ。【南谷竜則】
▽智弁和歌山・根来(右翼に2ラン)「ちょっと上がりすぎたかと思ったけど、風が(普段と)逆に吹いていた。右肩をうまく残して打てました」
▽智弁和歌山・東妻(7回、右中間最深部にソロ本塁打)「風で入ってくれた。打ったのはまっすぐ。次の星稜戦は、楽しみにしています」

日刊スポーツ

「智弁和歌山」をもっと詳しく

「智弁和歌山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ