仙台が奥埜の先制点を守りきり8試合ぶりの勝利…増嶋へゆりかごダンスを送る

8月13日(日)20時56分 サッカーキング

仙台が久しぶりの勝利 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第22節が13日に行われ、ベガルタ仙台とサンフレッチェ広島が対戦した。

 7試合勝ち星がない仙台は、久しぶりの勝利を目指す。一方の広島は、監督交代から1勝1分1敗の成績。仙台に勝利してチームを上昇気流に載せたい。

 アウェイの広島にチャンスが訪れる。8分、パトリックからアンデルソン・ロペスがボールを受け、ヒールで前線のスペースへ。パトリックが走り込んで右足で合わせるも、GKに防がれてしまう。

 一方の仙台は17分、西村拓真がドリブルでペナルティエリア内へ進入。相手を背負いながら後ろへ流すと、石原直樹がペナルティエリア手前からダイレクトでシュートを放つ。しかし、このシュートはブロックされてしまう。

 前半は両チームともゴールを奪うことはできなかった。

 仙台がチャンスを掴む。左サイドのパス交換から、ボールを持った西村がミドルシュート。GKが弾くも、奥埜博亮が詰めて先制点を奪う。ゴールパフォーマンスは、第二子が誕生した増嶋竜也を祝ってゆりかごダンス。

 同点に追いつきたい広島は79分、柏好文がペナルティエリア外の左からファーサイドへクロスを入れる。パトリックが飛び込んで合わせるがオフサイドを取られてしまう。広島は1点が遠い。

 試合はこのまま終了。仙台が久々の勝利を挙げた。

 次節、仙台はアルビレックス新潟と、広島はヴァンフォーレ甲府とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 1−0 サンフレッチェ広島

【得点者】
1−0 51分 奥埜博亮(仙台)

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仙台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ