【的場文男7152勝 春木が見た】東京ダービーVが新たな“宿題”

8月13日(月)6時2分 スポーツ報知

「マトメーター」の数字を自ら更新した的場

写真を拡大


 的場文騎手が、ついに地方競馬の最多勝記録を更新した。何と、61歳である。的場騎手のすごいところは、初老といってもいい年齢なのに、競馬に対してエネルギッシュなこと。スポーツ選手が一線を退くとき、「体力の限界」「燃えなくなった」という言葉を聞く。ところが、“大井の帝王”には、そんな面が全くうかがえないのだ。

 レースでは「ダンス」とも形容されるダイナミックなアクションで追う。地元・大井では、一日にフルの8鞍に騎乗することもしばしば。肉体面の衰えはない。そして何より、レースに乗りたいという意欲がすごい。関係者に「今度また乗せてください」と頭を下げるシーンを何度も見た。

 ここまで、「目標があるから頑張れるんだよ」という言葉をよく聞いた。6000勝、7000勝。そして、今回の偉業。このあとは…。今年の場合、最多勝記録の影に隠れていたが、東京ダービーを勝っていないという七不思議がある。悲願の東京ダービー制覇。これが、新たな“宿題”だ。(春木 宏夫)

スポーツ報知

「的場文男」をもっと詳しく

「的場文男」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ