東京五輪テスト大会の日本ジュニア選手権が14日開幕 海外からも関係者が続々来日

8月13日(火)17時59分 スポーツ報知

五輪プレ大会の日本ジュニアに向け、ギャラリースタンドの位置などを確認する国際ゴルフ連盟のスタッフ

写真を拡大


 ゴルフの日本ジュニア選手権は14日から3日間、埼玉・霞ケ関CCで行われる。来年8月に東京五輪が開かれる東C(7466ヤード、パー71)では、120選手が参加して男子15〜17歳の部を開催する。13日は猛暑の中、出場選手たちは練習ラウンドで調整した。

 今年の大会は、来年8月の東京五輪のテスト大会として開催される。例年の約3倍にあたるメディア25社58人から取材申請があるなど注目度は高い。ドバイなど海外メディアも取材に訪れる予定という。五輪ゴルフ競技を管轄する国際ゴルフ連盟(IGF)のピーター・ドーソン会長も13日、会場入りした。

 IGFのグリーンキーパーは約1か月前から来日しており、コースは五輪本番並みにきれいなセッティングに仕上がっている。海外の業者も大勢来日し、この日は来年のギャラリースタンドの設置場所などを確認する場面も見られた。

スポーツ報知

「東京五輪」をもっと詳しく

「東京五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ