【日本ハム】清宮プロ初4番起用も今季最長7連敗

8月13日(火)23時47分 スポーツ報知

8回無死、左飛に倒れ下がる清宮幸太郎

写真を拡大


◇日本ハム1—6ロッテ(13日・東京ドーム)

 日本ハムの高卒2年目・清宮幸太郎内野手(18)がプロ初の4番に座り、2回の第2打席に石川から4番初安打となる左前打を放った。「やることは変わらない。普段と同じように臨めた」と振り返ったが、チームは今季最長の7連敗。貯金は7月4日西武戦(札幌D)以来のゼロに逆戻りした。

 この日、主砲の中田が右手母指球部挫傷のため全治2週間で離脱。代役として務めた4番デビュー戦は3打数1安打1死球だった。「すごく大事な時期ですし、中田さんの代わり以上の活躍をしたいと思った。抜けたのは大きいですけど、なんとかカバーしたい」。8月は1勝10敗。苦しい状況で大役を託された20歳の活躍が、再浮上の鍵になる。

スポーツ報知

「日本ハム」をもっと詳しく

「日本ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ