“恐怖の7番”高知商・藤田 2戦連続3安打「僕が打てていればこういうゲーム」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<慶応・高知商>勝利し、スタンドに向かって駆け出す高知商ナイン(撮影・近藤 大暉)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日第8日・2回戦 高知商12—6慶応(2018年8月12日 甲子園)

 12安打12得点。高知商は2試合連続の2桁安打、2桁得点と強力打線が本領を発揮した。1回戦で3安打を放った藤田が、この日も3安打4打点と大暴れ。恐怖の7番打者は「僕が打てていればこういうゲームになる。日替わりヒーローになろうと思って臨んでいる」と胸を張った。

 2回は打者11人の猛攻に加わり、右中間への2点三塁打。相手エース生井の心理を読み取り「(ストライクを)入れてくると思った」と初球の甘い変化球を叩いた。4回には1死満塁で中前2点打と勝負強さを示した。

 高知大会で、明徳義塾の9連覇を阻んで甲子園への切符を手にした。高知大会から一人で投げ抜くエース北代を好調な打線が援護する戦い方は、大舞台に来ても変わらない。

スポーツニッポン

「高知商」をもっと詳しく

「高知商」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ