DeNAソト また“外”まで飛ばした場外弾「勝ちに飢えていた」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<D・神>6回無死一塁、ソトは左中間場外に消える2ランを放つ。投手・岩崎(撮影・大森 寛明)

写真を拡大

 ◇セ・リーグ DeNA12—5阪神(2018年8月12日 横浜)

 DeNAのソトがまた球場の“外”まで飛ばした。6回無死一塁で左中間席場外へ消える19号2ラン。7月9日の中日戦に続く2本目の場外弾は推定140メートルと発表された。

 「誰にも、車とかに当たっていないか心配だけど良かった。前の場外弾より感触はさらに良かった」

 決勝点となる3回の勝ち越しソロ含め、2本塁打に二塁打、単打の4安打とサイクル超えの活躍。2桁12得点の中核を担い、連敗を3で止めた。ロペス、筒香、宮崎の不動のクリーンアップを支え、2、6番での出場が中心。「チーム全員が勝ちに飢えていた。本当に勝ちたかった」と恐怖の助っ人は代弁した。今季1勝9敗の鬼門だった本拠の阪神戦で一矢報いる勝利。反攻のきっかけとしたい。 (後藤 茂樹)

 ▼DeNA・筒香(6回に右翼上段へ23号ソロ。今季最長ブランクとなる15試合62打席ぶりの一発)一本出て良かった。

スポーツニッポン

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ