西武 総力戦もサヨナラ負け、辻監督さばさば「点取れなかった」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<楽・西>延長12回1死一塁、茂木にサヨナラ2ランを打たれた斉藤大(撮影・篠原岳夫)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 西武1—3楽天(2018年8月12日 楽天生命パーク)

 西武はベンチに投手2人、捕手2人を残すのみの総力戦は、延長12回サヨナラ負け。辻監督は「チャンスで点が取れなかった」と4時間16分の死闘を振り返った。

 同点の8回1死一、二塁では、打席の外崎が1ボール1ストライクになったところで二塁走者の山川に代走・水口を送ったが勝ち越せなかった。3試合連続本塁打中の主砲をベンチに下げて勝負に出たが、指揮官は「相手も全力で抑えてくる」と、さばさばした表情だった。

スポーツニッポン

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ