済美—星稜戦が劇的過ぎて…慶応・生井 12失点降板「入りにくかった」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<慶応・高知商>4回途中で降板となり、悔しがる慶応・生井(撮影・近藤 大暉)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日・2回戦 慶応6—12高知商(2018年8月12日 甲子園)

 慶応(北神奈川)の生井が4回途中で12失点。前の済美—星稜戦が劇的な最後だったことが頭に残っていたといい「(試合に)入りにくかった。気持ちを切り替えられなかった」と悔しそうに話した。

 攻撃は初回に2度の本塁憤死。流れをつかみ切れなかった。完敗後も控室は「エンジョイベースボール」のチームらしく、号泣する下山主将を半泣きのナインがつくり笑顔で出迎え。5回に高校通算37号の右越え2ランを放つも9回最後の打者となった主将は「申し訳ない。でも本当にいい仲間に巡り合えた」と感謝した。

スポーツニッポン

「済美」をもっと詳しく

「済美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ