フローニンゲン堂安 いきなり開幕弾!大敗もフル出場で存在感

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

 ◇オランダ1部 フローニンゲン1—5フィテッセ(2018年8月12日)

 オランダ2年目のフローニンゲンFW堂安がフィテッセとの開幕戦でいきなり魅せた。1点を追う前半38分、右からのクロスに足で合わせて同点弾。「最終的には欧州CLに出場できるクラブを目指したい」と上を見据える若武者の強い意思がこもった一発だった。

 後半41分にはペナルティーエリア内でボレー、同44分には左足を振り抜いたシュートが相手GKを強襲した。チームは5失点で敗れたものの、フル出場で存在感を示した。

スポーツニッポン

「オランダ」をもっと詳しく

「オランダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ