藤田、2発も空砲 上野への恩返し「何か一つ自分ができたら」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

10回タイブレーク無死二塁、藤田は勝ち越しとなる本塁打を放つ (撮影・西川祐介)

写真を拡大

 ◇ソフトボール世界女子選手権最終日 日本6—7アメリカ(2018年8月12日 千葉市・ZOZOマリンスタジアム)

 米国の強力投手陣から2本の本塁打を放った“二刀流”の藤田は「(上野に)いつも与えてもらってばかり。何か一つ、自分にできたら良いと思って打席に入った」と振り返った。

 準決勝の米国戦は先発登板も延長で敗戦。その悔しさを2つのアーチで晴らした。「東京五輪では一番良い色のメダルを獲りたい」と奮起を誓った。

スポーツニッポン

「ソフトボール」をもっと詳しく

「ソフトボール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ