広陵 初戦で消えた…相手を上回る10安打もあと1本が出ず

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<二松学舎大付・広陵>7回につかまった広陵・森悠(撮影・田中 健作)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日・2回戦 広陵2—5二松学舎大付(2018年8月12日 甲子園)

 昨夏の準優勝校・広陵(広島)が初戦で散った。エースの森悠が7回1死二、三塁から右田に勝ち越しの2点打を許すと、保川にも適時打を浴びた。

 背番号1は「気持ちが先走って力んでしまい、甘い球がいってしまった」と肩を落とした。打線も相手を上回る10安打を放ちながら、あと1本が出なかった。中井哲之監督は「あっという間に負けた。負ける時はこういうもの。長く試合がしたかった」と悔しさをにじませた。

スポーツニッポン

「広陵」をもっと詳しく

「広陵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ