浦和学院・蛭間 腹式呼吸打法でダメ押し弾 森監督「勇気を与えてくれた」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<浦和学院・仙台育英>8回、左中間に本塁打を放つ浦和学院・蛭間(撮影・田中 健作)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日・2回戦 浦和学院9—0仙台育英(2018年8月12日 甲子園)

 浦和学院(南埼玉)は打線も12安打9得点と爆発した。初回に5番・佐野が先制の右中間2点二塁打を放ち「今日はリベンジを意識していた」。4—0の8回には3番・蛭間が左中間へ高校通算28本目となるダメ押しソロ。

 3ランを放った南埼玉大会決勝から始めたスイング始動時に息を吐く「腹式呼吸打法」が奏功した。森監督も「蛭間の一撃が勇気を与えてくれた」と満足そうだった。

スポーツニッポン

「浦和学院」をもっと詳しく

「浦和学院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ