1年生捕手、二松学舎大付・山田 攻守で勝利導く「試合中、学年は関係ない」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<二松学舎大付・広陵>7回、右田の適時打で生還する二松学舎大付・山田  (撮影・田中 健作)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日・2回戦 二松学舎大付5—2広陵(2018年8月12日 甲子園)

 二松学舎大付(東東京)1年生捕手の山田が先輩の2投手を好リードし、勝利に貢献した。

 「試合中、学年は関係ない。“しっかり投げてください”とか“走者は気にしないで”と気付いたことは言います。もちろん気は使ってますよ」。U—12、U—15日本代表。捕球してから二塁までの送球タイムがプロレベルの1・9秒で、初回2死一塁では二盗を刺した。8番打者としても2犠打1四球でつなぎ役を務めた。

 ▼二松学舎大付・岸川(2番手で5回1/3を1失点の好救援)攻めの投球で広陵を抑えたから自信になります。

スポーツニッポン

「二松学舎大付」をもっと詳しく

「二松学舎大付」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ