大谷“4度目の正直”8回2点タイムリーも…エンゼルス1点差で敗れる

8月13日(月)9時18分 スポーツニッポン

<エンゼルス・アスレチックス>8回2死二、三塁、左前2点適時打を放つ大谷(撮影・会津 智海)

写真を拡大

 ◇ア・リーグ エンゼルス7—8アスレチックス(2018年8月12日 アナハイム)

 エンゼルス・大谷は12日(日本時間13日)、本拠地で行われたアスレチックス戦に2試合連続で「3番・DH」で出場。8回の第5打席で左前へ2点適時打を放つなど5打数1安打2打点で、打率・271となった。エンゼルスは大谷の適時打で1点差に迫ったが、7—8で敗れて2連敗となった。

 3点を先制された初回の第1打席は1死三塁で反撃の好機だったが、先発ケーヒルのチェンジアップに空振り三振、3—3の同点とした2回2死一塁で迎えた第2打席は二ゴロだった。5回無死二塁での第3打席もケーヒルのチェンジアップにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

 6回2死二、三塁の第4打席は4番手右腕トリビーノが相手だったが、157キロの直球をに空振り三振。それでも5—8と3点を追う8回2死二、三塁の5打席目は6番手の右腕ファミリアの初球のスライダーを捉えて左前へ落ちる2点適時打とし、7—8と1点差に迫った。大谷はこの試合4度目の得点圏のチャンスで結果を残した。しかし後続が凡退し、9回はトライネンの前にフェルナンデス、フレッチャー、カワートが三者連続三振に倒れて、アスレチックスに競り負けた。

 大谷は次回ブルペンが13日(日本時間14日)の敵地サンディエゴでのパドレス戦前に行われることが決まった。今回は捕手を座らせての投球となる。

スポーツニッポン

「エンゼルス」をもっと詳しく

「エンゼルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ