ロッテ ドラ1安田、プロ初安打が同点打 指揮官「持ってる」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<オ・ロ>9回2死満塁、安田は右前にプロ初安打となる2点適時打を放ち塁上でガッツポーズ(撮影・奥 調)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ロッテ2—3オリックス(2018年8月12日 京セラD)

 ロッテのドラフト1位・安田の足は震えていた。0—2の9回2死満塁。山本のフォークに食らいつくと、打球は一、二塁間を抜けた。同点の2点適時打。12打席目で待望のプロ初安打初打点に、何度も右拳を握り「一本出なくてしんどいときもあったけど、地元の大阪で最後に出て良かった」と笑った。井口監督も「いいところで出た。持っている男はああいうところで回ってくる」と喜んだ。

 10日に初昇格し、3試合連続スタメン。慣れないDH出場だが、福浦にアドバイスをもらい、ベンチ裏で体を動かし快音を響かせた。それでもチームはサヨナラ負けで5連敗を喫し、5位に転落。「チームの勝利が最優先。貢献できるようにしたい」。新たな一歩を踏み出した19歳は、すぐに表情を引き締めた。(町田 利衣)

 ▼ロッテ種市(プロ2年目初登板初先発。6回5安打2失点で勝ち負け付かず)自分のボールは投げられたが、できれば無失点に抑えて勝ちたかった。

スポーツニッポン

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ