黄アルム、精神面が安定 9年ぶり復活優勝から2週間でまたV

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

優勝しギャラリーの声援に応える黄アルム (撮影・白鳥 佳樹) 

写真を拡大

 ◇女子ゴルフツアー NEC軽井沢72最終日(2018年8月12日 長野県 軽井沢72G北C=6655ヤード、パー72)

 追う者に「影も踏ませない」黄アルムの勝利だった。スタートの1番パー4で第3打をグリーンオーバー。「ダボも覚悟した」というアプローチを沈めてパーで切り抜けると、6、9番と要所でバーディーを決めてライバルを突き放した。「最後まで緊張した」と語ったが、余裕の完全優勝だ。2週前に9年ぶりの復活優勝を遂げたばかりだが「プレーにどう集中するか」をメンタルコーチと話し合い、精神面が安定したことが通算3勝目につながった。

 ▼4位永峰咲希 ショットの調子がよくなってきたので、自信のつくラウンドになりました。(優勝した4月のフジサンケイ以来のトップ5)

 ▼37位木戸愛 全然ダメでした。リラックスしてプレーしましたが、切り替えもうまくいかなかった。(初日2位発進も37位に終わる)

スポーツニッポン

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ