オリ4連勝 中島、8年ぶりサヨナラ打 リプレー検証の末…「複雑な時間だった」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<オ・ロ>10回、ビデオ判定の結果サヨナラ勝ちとなりウォーターシャワーを浴びるサヨナラ打を放った中島=中央(撮影・奥 調)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ オリックス3—2ロッテ(2018年8月12日 京セラD)

 オリックス・中島が西武時代の10年以来、8年ぶりのサヨナラ打を放った。2—2の延長10回2死一、二塁で左前打。二塁走者・小田がクロスプレーで生還し、ロッテがリクエストを要求してリプレー検証の末に勝利が決まった。

 一呼吸置いてから祝福され「複雑な時間だった。すぐに水をかけてほしかった」と苦笑い。2—0の9回2死から追い付かれ、嫌な流れだっただけに値千金の一打。4連勝でロッテを抜いて7月24日以来の4位に浮上させた。

 ▼オリックス白崎(2回1死一塁から移籍後初アーチ)みんなから(過去の13本はすべてソロと)言われることはあったけど、別に気にしていなかった。チームが勝ったことが一番。

スポーツニッポン

「サヨナラ」をもっと詳しく

「サヨナラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ