広島・福井 勝ち星遠く…「下でまた頑張るしかない」

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

<広・巨>2回1死、陽にソロ本塁打を浴びてガックリの福井(撮影・北條 貴史)

写真を拡大

 ◇セ・リーグ 広島4—8巨人(2018年8月12日 マツダ)

 広島・福井が5回途中で6失点KOされ、優勝マジック点灯はお預け。連勝は1分けを挟み6で、巨人戦の本拠地連勝も13で、それぞれ止まった。

 立ち上がりから小刻みに失点を重ねると、5回にも先頭・重信から長短4連打を浴び、降板を命じられた。「立ち上がりがダメだったし、(5回に)粘れなかったのも悔しい…」。6月12日のオリックス戦以来、今季3試合目の先発だったが勝ち星が遠い。「下でまた頑張るしかない」と力なく話した。

 ≪最短マジック点灯日は14日≫この日の結果、広島の最短マジック点灯日は14日まで伸びた。同日に広島がマジック対象チームの阪神に勝てばM32、引き分けならM33が出る。

スポーツニッポン

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ