女子400メドレーリレー、日本記録で銅 瑠花子が押し上げた

8月13日(月)7時8分 スポーツニッポン

女子4×100メートルメドレーリレー決勝、日本新で銅メダルを獲得した(左から)青木玲緒樹、池江璃花子、酒井夏海(撮影・小海途 良幹)

写真を拡大

 ◇競泳 パンパシフィック選手権最終日(2018年8月12日 東京・辰巳国際水泳場)

 女子400メートルメドレーリレーは今大会12レース目となった池江の力泳もあり、日本は日本記録で銅メダルを獲得した。

 池江は4番手でバトンを引き継ぐと、序盤から攻めの泳ぎで米国、カナダを逆転。アンカーの青木智に2番手で引き継ぎ、最後はゴールで声をからした。50メートル自由形決勝は6位と振るわなかったが「(リレーは)追いつけないと思ったけど、前半からしっかり前を追えた。たくさんのレースをこなしてきたが、ここまで質の高いレースばかりできたのは初めて」と計4個のメダルを獲得した大会を総括した。

スポーツニッポン

「日本記録」をもっと詳しく

「日本記録」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ