津田学園・谷頭 楽しんで成長 敗れても「もっと練習しないと」来年の活躍誓う

8月13日(火)20時8分 スポーツニッポン

<履正社・津田学園> 津田学園・谷頭 (撮影・亀井 直樹)

写真を拡大

 ◇第101回全国高校野球選手権大会 2回戦 津田学園3—7履正社(2019年8月13日 甲子園)

 好きこそ物の上手なれ、という。練習は厳しくても楽しく、寮生活も楽しい。もちろん甲子園も。津田学園の背番号15の2年生・谷頭(たにがしら)幹太は試合に敗れても、野球を楽しむことを忘れなかった。

 「履正社はスイング力もミートも全部すごかった。甲子園で勝てるチームはこういうチームなんだ、と。もっと練習しないといけないと思った」。涙はない。悔しさを抑え込むように、今後へ決意を新たにしていた。

 野球を始めたのは幼稚園のころだ。近所に住む2歳上の野球少年とボールを追った。その少年が津田学園の昨年のエース・河村信吾さんだ。小学1年のときには、心臓疾患で手術を受けた。大好きな野球をずっと続けられるように。「2週間くらい入院したけど、すぐに野球をやれるようになった」。今はもう全く影響はない。そして津田学園に進んだ河村さんの後を追うように実家のある福井から三重へ。「生き生きプレーする」チームカラーに魅せられた。

 練習は厳しいときもある。でも、笑顔もある。「みんなで高め合っています」。寮生活では同じ2年生と同部屋。洗濯好きで「優しい匂い」の“マイ柔軟剤”を使う。ただ、部屋に備え付けの洗濯機を使う順番を決めるのはジャンケン。「いつも負ける。グーでよく負けるからチョキを出すとグーで。完全に読まれてます」。練習も寮生活も「楽しい」から成長できる。

 この夏は控えの内野手。三塁コーチャーで必死に手を回した。新チームでは「春夏連続で出た今年のチームを上回りたい」と決意も強い。谷頭は野球を楽しんで、大きく成長して甲子園へ帰ってくるつもりだ。

スポーツニッポン

「津田学園」をもっと詳しく

「津田学園」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ