J・トーマスがメジャー初制覇!松山英樹は5位終戦に涙

8月14日(月)8時8分 ALBA.Net

惜しくも5位…ラウンド後には珍しく涙も…(撮影:岩本芳弘)

写真を拡大

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。スコアを1つ落とし、トータル5アンダー・5位タイでメジャー初制覇を逃した。


松山は前半2つ伸ばし単独首位に浮上すると、10番で約6.7mのバーディパットを沈める。だが、11番からまさかの3連続ボギー。14番、15番で連続バーディを奪い、優勝のチャンスを残してクエール・ホローC名物の難関上がり3ホール、通称“グリーンマイル”へと入ったが、最初の16番で約1.5mのパーパットを決められずボギー。さらに18番ではクリークに入れて万事休す。日本人初のメジャータイトルはならなかった。

ラウンド後のインタビューでは「悔しいですか」の質問に「そうですね…そうですね」と2回答えた松山。「優勝に足りないものは何だと思いますか」と言う質問に「考えます」と答えるのがやっと。その後の別のインタビューを受けているときには涙をぬぐうシーンも見られた。

優勝したのは松山と同組で回ったジャスティン・トーマス(米国)。10番のバーディパットが最後の一転がりで入るなど運も味方にトータル8アンダーまで伸ばし、嬉しいメジャー初優勝を挙げた。

トータル6アンダーの2位タイにはフランチェスコ・モリナリ(イタリア)、パトリック・リード(米国)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)の3人が入った。

その他、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)はイーブンパーの13位タイ、最年少キャリアグランドスラムを狙ったジョーダン・スピース(米国)はトータル2オーバーの28位タイ。日本勢は小平智がトータル5オーバー・48位、谷原秀人はトータル11オーバー・67位で4日間を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松山英樹をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ