BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

松山英樹は涙の敗戦に「気持ちの部分ももっと成長しないといけない」

ALBA.Net8月14日(月)10時10分
画像:涙をこらえながらインタビューを受ける松山英樹(撮影:岩本芳弘)
写真を拡大
涙をこらえながらインタビューを受ける松山英樹(撮影:岩本芳弘)
<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。スコアを1つ落とし、トータル5アンダー・5位タイで激闘を終えた。


松山は前半2つ伸ばし単独首位に浮上すると、10番で約6.7mのバーディパットを沈める。だが、11番からまさかの3連続ボギー。14番、15番で連続バーディを奪い、優勝に望みをつないだが、次の16番で約1.5mのパーパットを決められずボギー。さらに18番ではクリークに入れて万事休す。日本人初のメジャータイトルはならず、ラウンド後は珍しく涙を見せる場面もあった。

悔やんだのは3連続ボギーの始まりとなった11番。フェアウェイからの2打目を右に曲げてグリーン右ラフに。そこから1mに寄せたがパーパットが蹴られてボギーとなった。「ティショットでいいショット打ててたんで、もっといいプレーができるかなと思ってた時のセカンドが痛かった。難しくない状況からミスしてしまったのが、きつかったですし、ミスした原因はトップに立ったからというのは関係ない感じだったので、そのあとのアプローチとパットでしのげなかったのは痛かった。流れの悪くなる原因を作ってしまった」。次のホールでは木に当たる不運も重なり、一気に首位から陥落した流れを作った1ホールを悔やんだ。

それでも気持ちは切れていなかった。「13番のボギーでジャスティン(トーマス)がバーディ取って3打差になりましたけど、最後の3ホールは難しいですし、ピン位置的にもバーディ取れそうな気がしたんで、うまくいけばなという感じだった」。3連続ボギーでも上手く切り替えると、狙い通り14番から連続バーディ。1打差でクエール・ホローC名物の難関上がり3ホール、通称“グリーンマイル”へと入ったが「16番のティーショットでのミスと、まあパットのミスというか、入らなかったということで効きましたね」と唇を噛んだ。

独特の雰囲気だった。「日本ツアーでアマチュアでやっていたときのような緊張でしたね。気持ちの部分ももっと成長しないといけないし、自信を持って打てる技術がないのかなと思った」と松山。「これを経験したからといって克服できるものではないと思うし、その場数が増えていけば、それだけチャンスが増えているということだと思うので、その1回が当たるようにもっともっとチャンスを増やしたい」と語る。

「ここまで来た人はたくさんいると思いますし、これから勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。勝てる人になりたいなと思う。このギリギリのところでやれるのは楽しいですし、そこで勝てればなおさら楽しいと思う。これを次に生かしていきたい。何をすれば勝てるのか分からないですけど。一生懸命練習したいと思う」と話した日本の怪物。最後の「優勝に1番近づいた?」と言う質問に「最後の3ホールまで近いところにはいたんで、そういう意味では近づいたんじゃないかなと思います」とつないだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

はてなブックマークに保存

ALBA.Net

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
松山英樹のまとめ写真 成長のまとめ写真 全米プロゴルフ選手権のまとめ写真 タイのまとめ写真

「松山英樹」をもっと詳しく

注目ニュース
ダルビッシュ、“2段モーション騒動”に言及「本当にどうでもいいことには力入れる」 フルカウント8月21日(月)8時25分
菊池が反則投球と判定されたことについてツイッターでつぶやくドジャースのダルビッシュ有投手が、西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦で反則投球を…[ 記事全文 ]
遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で活躍する爽やかな高校球児たち。彼らの姿とは対照的に、この一大イベントは大金の動くビッグビジネスでもあ…[ 記事全文 ]
真中監督、不正投球裁定に怒り「NPBがあいまい」 日刊スポーツ8月20日(日)16時30分
<広島6−5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアムヤクルト真中満監督(46)が西武菊池の2段モーションなどの裁定について「NPBの怠慢だよ。…[ 記事全文 ]
石川遼、米シード権届かず…「入れ替え戦」へ 読売新聞8月21日(月)8時45分
米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は20日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、33位から出た石川遼は1バーディー、1ボギーとスコアを伸ばせず、通算7アンダーの42位に終わった。[ 記事全文 ]
錦織、世界ランク10位へ 2桁は1079日ぶり 日刊スポーツ8月21日(月)6時59分
男子テニスで、錦織圭(27=日清食品)が、21日に発表予定の最新世界ランキングで9位から10位に順位を下げる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア