蘭デビューの堂安律に最低タイの低評価。開幕先発の座つかむもインパクト残せず

8月14日(月)5時5分 フットボールチャンネル

 オランダ1部エールディビジのフローニンゲンに加入したMF堂安律は現地時間13日、第1節のヘーレンフェーン戦に先発で出場し、デビューを飾った。だが、良いインパクトを残すことはできなかったようだ。オランダメディア『boerenmacht』は、日本の才能に低い評価をつけている。

 左サイドで先発した堂安は、積極的にシュートを放つシーンもあったが、なかなか効果的な動きを見せられない。30分すぎにはヘーレンフェーンのMF小林祐希に対する危険なタックルでイエローカードを提示された。後半も見せ場が少なかった同選手は63分に交代している。

 同メディアは先発メンバーの採点を掲載。堂安には「5.5」を付けた。これはディフェンスラインの2人とともにチーム最低タイという厳しい評価だ。

 フローニンゲンは次節、名門アヤックスと対戦する。堂安のこれからのアピールに期待したい。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デビューをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ