【高校野球】鶴岡東が4年ぶり3回戦へ、丸山蓮が2打席連発 選抜準V“逆転の習志野”は反撃及ばず

8月14日(水)13時18分 フルカウント

先発・影山が8回途中3失点、習志野はエース飯塚を2回から投入も突き放される

 第101回全国高校野球選手権大会第9日が14日、甲子園球場で行われ、第2試合は鶴岡東(山形)が習志野(千葉)を9-5で破って3回戦進出を決めた。選抜準優勝の習志野は2回戦で姿を消した。

 鶴岡東は、2回に打者一巡の猛攻を見せる。1死一、三塁から山路のタイムリーで先制すると、2死一、二塁から影山の2点二塁打、河野の左前打、竹花の左前打、山下の中前打と4連打で一挙5得点を奪った。投げては先発・影山が8回途中3失点と好投し、最後はエースナンバーの池田が締めた。習志野のお株を奪う継投で初の甲子園2勝を挙げ、4年ぶりの3回戦進出を決めた。5番・丸山蓮は2打席連続本塁打を放つ活躍だった。

 敗れた習志野は、2回途中でエースの飯塚を投入。4者連続三振を奪うなど7回1/3で3失点と力投したが、8回に3点を失って突き放される。“逆転の習志野”はその裏に2点を返すも及ばず、夏8年ぶりの3回戦進出はならなかった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「習志野」をもっと詳しく

「習志野」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ