鷹・柳田と中日松坂の豪華対決が2軍で実現! 第1打席は左翼への適時二塁打

8月14日(水)17時17分 フルカウント

カーブをレフトに運び、滝野が捕球できずツーベースに

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が14日、ウエスタンリーグ対中日戦(タマスタ筑後)で「3番・中堅」でスタメン出場。左膝裏を痛めて2軍復帰してから初めて守備に就いた。中日は松坂大輔投手が先発。初回に対決が実現し、柳田が適時二塁打を放った。

 松坂は先頭の釜元を空振り三振、続く三森には左翼線二塁打を浴び1死二塁で打席には柳田を迎えた。2ボールからの3球目はカットボールに空振り。しかし、4球目のカーブを捉え、レフトに運んだ。

 これが左翼・滝野の前に落ちるヒットに。さらに、ワンバウンドで頭を越える形となり、柳田は二塁に到達。先制の適時二塁打となった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ