オリックス初回に打者一巡5点 乱闘騒ぎ一夜明け

8月14日(水)18時53分 日刊スポーツ

西武対オリックス 1回表オリックス1死一、二塁、左適時二塁打を放つロメロ(撮影・鈴木みどり)

写真を拡大


<西武8−7オリックス>◇14日◇メットライフドーム

オリックスが前日の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように初回に打者一巡の猛攻で5点を先取した。
1死から西野の中前打を皮切りに吉田正も左前打で続き、ロメロ、モヤ、中川の3者連続タイムリーで3点。安達の打席で西武榎田の暴投の間に1点。最後は2死一、三塁から松井雅が右前へ運び5点目を奪った。
前日13日の同カードでは4回に若月が森脇からこの試合3個目の死球をぶつけられたことで両軍による乱闘に発展。警告試合となり、3人の退場者が出た。試合は4−11でオリックスが敗れていた。

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ