楽天和田恋2号で則本昂大援護「結果出て良かった」

8月14日(水)19時15分 日刊スポーツ

楽天対ソフトバンク 2回裏楽天無死二塁、和田恋は中越え同点2点本塁打を放つ(撮影・浅見桂子)

写真を拡大


<楽天3−12ソフトバンク>◇14日◇楽天生命パーク

楽天和田恋外野手(23)がプロ2本目の1発をバックスクリーンにたたき込んだ。
2回無死二塁からソフトバンク武田の初球カーブをしなやかに運ぶ2号2ラン。エース則本昂大投手(28)が2回までに3失点する中、一時同点に追いついた。「強引にいかなかったのが良かったですね。結果が出て良かったです」。7月に巨人からトレード移籍し、11日のオリックス戦でプロ初本塁打を放ったばかりだった。

日刊スポーツ

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ