法政大学がガンバ大阪を2発完封で下し大金星…ラウンド16へ駒を進める

8月14日(水)20時27分 サッカーキング

ガンバ大阪は天皇杯3回戦で法政大学に敗れた

写真を拡大

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会3回戦が14日に行われ、ガンバ大阪は法政大学と対戦した。

 ガンバ大阪はGK東口順昭がゴールマウスを守り、DFは三浦弦太、菅沼駿哉、キム・ヨングォンの3バックで臨んだ。また、遠藤保仁や小野瀬康介、鈴木雄斗、矢島慎也、福田湧矢、渡邉千真に加え、今夏ガンバに復帰した井手口陽介も先発に名を連ねた。

 試合は前半から一進一退の攻防が続く。24分には法政大学のMF大西遼太郎がグラウンダー気味のシュートをゴール右隅に沈めて先制。ガンバ大阪は前半では追いつけず1点ビハインドで試合を折り返した。

 ガンバは後半、井手口に代えて倉田秋を投入。さらに58分には遠藤に代わって宇佐美貴史がピッチに入ったが、71分に法政大学のDF森岡陸にヘディングでゴールを決められ2失点目を喫した。

 試合はそのまま終了し、シュート数でも上回った法政大学がガンバ大阪に2−0で勝利し大金星を収めた。法政大学は2回戦の東京ヴェルディに続きJリーグ勢に勝利しラウンド16へと駒を進めた。

【スコア】
ガンバ大阪 0−2 法政大学

【得点者】
0−1 24分 大西遼太郎(法政大学)
0−2 71分 森岡陸(法政大学)

サッカーキング

「天皇杯」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「天皇杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ