BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

麻也完封貢献!攻撃では直接FKも 左足痛は「全然大丈夫」

スポーツニッポン8月14日(月)7時8分
 ◇プレミアリーグ・第1節 サウサンプトン0—0スウォンジー(2017年8月12日)

 サウサンプトンの日本代表DF吉田が攻守に躍動した。開幕戦にフル出場し本職の守備では無失点に貢献。攻撃では3度決定機があった。前半37分に右ボレーを放ち、後半34分にヘディングシュート。同ロスタイムには在籍6季目で「初めて」という直接FKを蹴った。

 いずれも枠を外したが「僕自身チャンスはたくさんあったし、チームも主導権を握っていた。監督の下で凄く成長できるのではという期待が大きい」。シュート数29—4と圧倒し、ペジェグリーノ新監督の攻撃サッカーに手応えを口にした。

 5日にセビリアとの練習試合で左太腿を痛めて心配されたが、試合当日にブログで「誰や吉田が怪我(ケガ)してるって悪い噂広めたやつ!準備万端や!」と万全をアピール。試合後も「全然大丈夫」と軽症を強調した。

はてなブックマークに保存

スポーツニッポン

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「攻撃」をもっと詳しく

注目ニュース
遠征・用具・応援団バス… 「甲子園貧乏」に陥る常連校も NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で活躍する爽やかな高校球児たち。彼らの姿とは対照的に、この一大イベントは大金の動くビッグビジネスでもあ…[ 記事全文 ]
ダルビッシュ、“2段モーション騒動”に言及「本当にどうでもいいことには力入れる」 フルカウント8月21日(月)8時25分
菊池が反則投球と判定されたことについてツイッターでつぶやくドジャースのダルビッシュ有投手が、西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦で反則投球を…[ 記事全文 ]
石川遼、米シード権届かず…「入れ替え戦」へ 読売新聞8月21日(月)8時45分
米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は20日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、33位から出た石川遼は1バーディー、1ボギーとスコアを伸ばせず、通算7アンダーの42位に終わった。[ 記事全文 ]
真中監督、不正投球裁定に怒り「NPBがあいまい」 日刊スポーツ8月20日(日)16時30分
<広島6−5ヤクルト>◇20日◇マツダスタジアムヤクルト真中満監督(46)が西武菊池の2段モーションなどの裁定について「NPBの怠慢だよ。…[ 記事全文 ]
錦織、世界ランク10位へ 2桁は1079日ぶり 日刊スポーツ8月21日(月)6時59分
男子テニスで、錦織圭(27=日清食品)が、21日に発表予定の最新世界ランキングで9位から10位に順位を下げる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア